最近は、人妻を売りにしている風俗店が多くなっています。人妻は子供を抱えていて、生活のために一般のパートより高い待遇を求めて、あえて風俗店で働いている印象があります。昔の人妻専門の風俗店と言えば、世間からできるだけ離れるようにして経営していて、そこで働く女性も表沙汰にしない時間帯で働いている事が多かったのです。最近では、お客様のニーズに応えるように堂々と大きな看板を抱えて、売上のために人妻をあからさまにして経営をしているお店も多くなっています。
最近ではお客様の風俗に関する好みが変化していて、人生豊かな人妻に甘えたいという気持ちで遊ぶことを懇願しているお客様が増加しています。風俗店を利用するお客様は、ほとんどが20代後半から30代に掛けての中年層です。最近は20代の中においては、まだ親離れしていない男性も多くて、マザーコンプレックスを抱えている青年もいます。最近になって、親離れをしていない男性は増加傾向で、経験豊かな人妻との遊び相手をしてもらいたいと考えている人も多いです。お店によっては妊婦さんを風俗嬢として雇っている場合が多くて、人妻を売りにした風俗店に関しては今後もニーズが高まって行く傾向です。